自然保護区の住人

Residents of the nature reserve

ある日の朝、とても穏やかな気持ちで1日がはじまった。

とても幸せな目覚めで、

水と同化しようと水中にいる時に感じるものと似ていた。 

 

真っ白な空間にヒトがいた。

そのヒトに近づこうとすると消えてしまいそうになり、

そのヒトの存在を残すためにはある程度の距離が必要だった。

人の内側には大切にすべき領域がある。

色やコンセプトなどの理由から、プリントで見てほしい作品なので、ネット上では全てはお見せできませんが、全23枚から構成されています。

展示等、ご覧いただける機会にお楽しみくださるとありがたく思います。

↓ 動画です。

© Toshihiro Kobayashi

  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter